保険診療と自費診療の4つの違い

より優れた治療法は、自由診療でのみ受けることができます。保険診療はごく一部の限られた治療法で必要最低限の治療法です。保険診療と自費診療の違いを見ていきましょう。

1.再発のリスクの違い

銀歯と歯はセメントで隙間を埋めていますが、セラミックのようにピッタリくっついているわけではありません。そのため、銀歯と歯の隙間から虫歯菌が入り込み、銀歯の中で虫歯が広がっているということがよくあります。銀歯の下の虫歯はレントゲンにも写りにくいので、発見も難しくなります。

2.審美性が高い

セラミックは透明感があり、天然の歯と似たような色を再現することが可能です。また、汚れがつきにくいため、二次虫歯になるリスクが軽減します。様々な種類があるので患者様の特徴に合わせたものが選べます。

​3.長持ちする

プラスチックや銀歯は劣化が早いのに比べて、セラミックは歯とぴったり接着することで高い耐久性を保ちます。また、汚れが付着しにくいことも、寿命が伸びる一因となっております。

​4.身体に優しい

特に銀歯をお口の中に入れていると、唾液によって金属イオンが溶け出して体内に蓄積されていきます。そうすると異物として免疫が反応し、アレルギー症状を引き起こします。金属よりもプラスチックはアレルギー症状は引き起こしにくいですが、起こすことがあります。ところがセラミックでは、そのようなことが起きません。

 

部分的な詰め物の費用

In.JPG

前歯の被せ物の費用

自費メニュー(前)New4.JPG
 

奥歯の被せ物の費用

自費メニュー(被せ)New3 セレック.JPG

ブリッジの費用

自費メニュー(前)ブリッジ.JPG