当院におけるDX推進への取組み

いまはし歯科クリニックは、DXを積極的に進めて参ります。
DXとは...
DXは、デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)の略です。「DT」ではなく「DX」と表記されるのは、英語圏では交差するという意味を持つ「trans」を「X」と略すことがあるためといわれています。

DXという言葉を最初に用いたのは、スウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授です。2004年に発表した論文の中で同氏は、DXについて「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」と記述しています。
1.経営の方向性及びデジタル技術等の活用の方向性

経済産業省は、2018年12月に発表した「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)Ver. 1.0」において、DXを下記のように定義しています。

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」

DXとは、データとデジタル技術によって商品やビジネス、業務、企業文化等の変革を成し遂げるものであり、その目的は競争力の維持・獲得・強化を果たすことにあります。

いまはし歯科クリニックは、DXを積極的に活用し、地域の皆様に貢献し、スタッフの働き方改革をいなっていきます。

2.経営及びデジタル技術等の活用の具体的な方策(戦略)

歯科の世界でもデジタルを活用した様々なシステムがあります。

いまはし歯科クリニックにおいても、カルテ、診察券、予約システム、レントゲン、オーラルスキャナーなど設備を導入し患者様のデータを一元化し、業務の効率化をはかっています。

今後も、現在、アナログでの対応しているところを、デジタル化し、業務の効率化を目指します。

そして、治療の分野においても積極的に取り入れていき、高精度で包括的な歯科治療を目指します。

3.戦略を効果的に進めるための体制の提示

DXを活用した歯科治療を推進していくための体制を整えます。

院長である今橋健太郎自らCIO(最高情報責任者)を務め、また適任者をDX推進者として

任命します。