​院長ご挨拶

皆様、こんにちは。院長の今橋健太郎です。

当院では、少しでも歯の寿命を長くするために歯周病と予防歯科に力を入れています。

歯周病は、大半がゆっくりと進行するので気付きにくく、40代以上の方が歯を失う1番の原因です。

この歯周病をできるだけ早い段階で治療し、メンテナンスすることで歯を失うリスクを大幅に減らすことができます。もちろん、虫歯も歯を失う2大原因の1つなのでそれを予防することはとても大切です。

最近、話題になっている歯科医院での感染対策ですが、当院では開院当初から力を入れており、診療室は個室タイプ、診療室で使用する全ての水は殺菌作用のあるオゾン水、お口からの飛沫感染を防ぐため口腔外バキュームを導入、最近では診療前にポイックというより高い殺菌作用のある水でうがいして頂いてから診療しておりますので安心してご来院下さい。

所属学会等

また昨今では、残っている歯の本数が多いほど健康寿命が長くなることが知られてきてます。虫歯や歯周病になると高血圧や脂質異常などの生活習慣病を引き起こし、さらには心不全、認知症、脳卒中、透析などを引き起こしやすくなる​メタボリックドミノという考え方も出てきています。

・日本歯周病学会
・日本全身咬合学会
・日本歯科人間ドック(認定医)
・米国歯周病学会(AAP)
・症矯正研究会
​・歯周内科学研究会
その他
・抗加齢歯科学会

歯科医師

CIMG6965.JPG

​院長

​今橋 健太郎

2001年 愛知学院大歯学部卒業

愛知県をはじめ、大阪・九州の歯科医院で研鑽を積む

2012年 いまはし歯科クリニック開業

© 2020 いまはし歯科クリニック