歯周治療

歯周治療

​歯周病とは
歯の周りの歯茎や歯を支えている骨の病気です。40代以降、歯を失う1番の原因が歯周病で、成人の80%以上がかかっていると言われています。最初は歯茎が腫れ、歯磨きの時に出血することがあるかもしれません。そのままにしておくと、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けはじめ、歯が揺れてきて、歯が抜けてしまう病気です。
​歯周病の原因
その主な原因は細菌です。磨き残しが多かったり、砂糖の摂取が多いと細菌がネバネバした物質をつくり、歯の表面にプラークという細菌の塊になってくっつきます。これはうがいをした程度では取れません。​このプラークが歯茎を腫らしたり、歯の周囲の骨を溶かしていきます。
また、歯ぎしり、くいしばり、喫煙、全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常など)、不規則な食生活や栄養の偏り、ストレスなども進行を加速させるので注意が必要です。
治療
​まずは原因となる細菌の除去をしていくことになります。つまり適切な歯磨きが重要なポイントになります。どれだけ歯科医院に通っても歯磨きが不十分では治りません。歯磨きをしっかりして、歯石を取り除くことで改善させることができます。また治療して一度よくなっても定期的にメンテナンスをしないとまた悪くなるので注意が必要です。
​歯周病と全身疾患との関係
​歯周病はお口の中だけにとどまらず全身疾患にも影響を及ぼすので注意が必要です。
​HPサワイ健康推進課より引用

© 2020 いまはし歯科クリニック