​感染対策について

​当院の感染対策動画

​当院の感染対策についてまとめた動画です

​当院の感染対策の考え方

​歯科医院は、どこに行っても同じだとおもっていませんか?実は、残念ながらそでもないのが現実です。例えば、歯を削るタービンという道具、少し前に調べた結果、滅菌処置をせずに使い回しが70%という結果や治療台から出る水が安全な水道水の基準を超える多量の細菌が検出された結果がメディアで報道され話題になっていました。ぜこのようなことがおこるのでしょうか?患者さんの目に見えない部分であり、滅菌・消毒するにはお金がかかると言うこと、さらには滅菌すると故障しやすくなるのです。

しかし当院では、安心に治療を受けてもらうためには感染対策は最も重要な部分であり開院当初から力を入れてきました。例えば、先ほどのタービンは患者さんごとに滅菌しますし、診療室で使用する水は殺菌作用のあるオゾン水を使用するなど院長こだわりが報道以前から実施されていました。​最近のコロナウィルス対策でも治療の際にお口の中の粉塵や菌などが周囲に飛び散ることも問題になってきています。しかし、当院で口腔外バキュームを設置してそれを防止し治療にあたってます。

​感染対策の実際

​☆器具類は、全て「使い捨ての新品」または「滅菌、もしくはそれに準じる処理を行った物」を使用しています。

☆滅菌とは、あらゆる殺菌やウィルスを死滅させることです。

☆診療室内全ての水をオゾン水にして殺菌しています。

 (オゾン水は食物の殺菌にも使われることが認められているほど安全です)

☆手袋・紙コップ・エプロンなどは患者様ごとに交換し、使い終わったら必ず破棄します。

☆麻酔の注射針や注射液のカートリッジは一度使用したら必ず破棄します。

☆口腔外バキュームを使用して飛沫飛散防止し、定期的な換気により換気の徹底

© 2020 いまはし歯科クリニック