小児歯科

歯医者に対して苦手意識はありませんか?

あるとお答えになった方々にその原因を聞いてみると、
「小さい時に無理やり治療された…」
「小さい時に悪いことをした時に、歯医者につれていくと脅された...」
などと、小さい時のイメージが強く印象に残っていることが多いようです。

そのような歯医者に対する印象づくりの第一歩が小児歯科になります。怖いイメージをつけないようにするには、出来るだけ治療を避ける、つまり定期的なクリーニングやチェックを行い、予防をのために来院して頂くのが一番だと思います。

 
しかし虫歯になってしまって、治療が出来なくても諦めないでください。誰だってはじめての虫歯治療は怖いもの、当院ではトレーニングをして少しずつ慣らしていけば大半のお子様はできるようになります!毎回のトレーニングの後、ご自宅でも「今日は、○〇が上手にできるよになったね!」とほめてあげてください。少しずつ出来ることが増えていけば、お子様自身も自信がついてどんどんできるようになっていきます。
治療の時のお願い
​付き添いの時に、お子様に「痛くないから大丈夫!」「怖くないからできるよ」など「痛い」「怖い」などのネガティブな言葉は使わないようにしてください。そのような言葉を使うと脳は「痛い」「怖い」などを探してますますできなくなってしまいます。そのようなときは、「平気だよ」「大丈夫だよ」などの言葉をかけてあげて下さい。
小児.JPG