top of page
  • いまはし歯科

歯の根っこの感染とは?

長久手市蟹原の歯医者、いまはし歯科クリニックの院長 今橋健太郎です。

今回は、「歯の根っこの感染とは?」についてお話をさせて頂きます。



【目次】

1.歯の根っこの構造とは?

2.根っこの感染の原因

3.感染の兆候と症状

4.感染のリスクと予防方法

5.治療方法とアフターケア

6.まとめ


1.歯の根っこの構造とは?

先ず歯の構造についてご説明致します。

歯は表面のエナメル質でできており、エナメル質の内側は象牙質、そして歯の中央には歯髄があり、歯が構成されています。

歯の根っこは、歯を下顎や上顎に固定する部分であり、歯髄の延長として存在しています。


2.根っこの感染の原因

歯の根っこの感染には複数の原因があります。

以下に歯の根っこが感染する原因を記載致します。


①むし歯の進行:むし歯が進行すると、バクテリアが歯の根っこまで到達し、感染を引き起こす可能性があります。

②歯の折れやひび:歯が折れたり、ひびが入ったりすることで、細菌が歯の内部に侵入しやすくなり、感染を引き起こす可能性があります。

③歯周病の進行:歯周病が進行すると、歯の根っこまで影響を及ぼすことがあります。


3.感染の兆候と症状

歯の根っこの感染には兆候があります。

以下のその兆候を記載致します。


①歯の色が変わる

②噛むと歯が痛む

③歯茎が腫れ上がる

④脱臼したような感じがする

⑤口から悪臭がする

これらの症状が現れた場合は歯の根っこの感染が疑われます。

すぐに歯科医院に相談しましょう。


4.感染のリスクと予防方法

歯の根っこの感染について予防方法がありますので、以下に記載致します。


①食生活の改善:砂糖を多く含む食べ物や飲み物は、むし歯の原因となります。できる限り摂取を控えるよう心掛けましょう。

②適切な口内ケア:毎日の歯磨きと定期的な歯石取りは、歯の健康を保つために不可欠です。

③定期検診:歯医者での定期検診は、初期の段階でのトラブルを早期発見し、対処するために重要です。是非定期的に歯科医院にて定期検診、クリーニングを受け歯を綺麗に保ちましょう。


5.治療方法とアフターケア

歯の根っこの感染が確認された場合、状態にもよりますが歯の神経治療が行われることが多いです。

治療後はアフターケアとして、指示された薬の服用や口内ケアをしっかりと実施することが重要です。


6.まとめ

歯の根っこの感染は、早期発見・早期治療が鍵となります。

痛みや変色などの症状に気付いたら、すぐに歯科医院に相談しましょう。

また、日常の口内ケアや食生活の見直しを行うことで、感染のリスクを低減することができます。


皆さんの歯の健康を守るため、定期的なチェックとケアを心掛けてください。

いまはし歯科クリニックでは、治療だけでなく、定期検診・メンテナンスなどにて皆様の健康な笑顔をサポートしています。

どんな小さな疑問・悩みも、お気軽にご相談くださいませ。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page