top of page
  • いまはし歯科

歯のクリーニングの頻度はどれくらいがいいの?

長久手市蟹原の歯医者、いまはし歯科クリニックの院長 今橋健太郎です。

今回は、「歯のクリーニングの頻度はどれくらいがいいの?」についてお話をしていきます。


【目次】

1.歯のクリーニングとは?

2.歯のクリーニングの必要性

3.歯のクリーニングの理想的な頻度

4.歯のクリーニングの頻度を左右する要素

5.歯のクリーニングの頻度を自分で管理するためには?

6.まとめ


1.歯のクリーニングとは?

歯のクリーニングとは、専用の器具を使用して歯科医師や歯科衛生士が行う

プロフェッショナルな歯の掃除のことを言います。

口腔内のプラークや歯石の除去、歯の表面のポリッシュなどを含む為、

自宅でのブラッシングだけでは取りきれない汚れをしっかりと落とすことができます。


2. 歯のクリーニングの必要性

日々の食事や飲み物で歯にはプラークが溜まります。

プラークとは、口腔内の細菌が食べ物の残りや唾液と結合して歯の表面に形成される、

菌の塊のことです。プラークによって長時間たまることによって、歯ブラシではとれない強固な膜ができます。これをバイオフィルムと言います。

これが放置されると歯石になり、最終的には虫歯や歯周病の原因となります。

自宅でのブラッシングだけでは取りきれないこれらのプラークやバイオフィルム、歯石を確実に取り除くためには、定期的な歯のクリーニングが必要となります。


3. 歯のクリーニングの理想的な頻度

一般的に、歯科医院では3ヶ月に1回の歯のクリーニングを推奨しています。

これは、新たな歯石が形成される前にプラークを取り除くための理想的なタイミングとされているからです。


4. 歯のクリーニングの頻度を左右する要素

しかし、3ヶ月に1回が一概に全ての人に当てはまるわけではありません。

クリーニングの頻度は、個々の口腔環境やライフスタイルにより異なります。

例えば、喫煙や飲酒の習慣、食生活、ブラッシングの技術や頻度、既存の口腔の病状などが影響します。


5. 歯のクリーニングの頻度を自分で管理するためには?

歯のクリーニングの頻度を自分で管理するためには、

まず自分の口腔状態を知ることが重要です。

定期的な歯科受診を通じて自分の口腔の状態を把握し、

歯科医師のアドバイスを聞くことが大切です。

また、自宅でのオーラルケアも重要で、正しいブラッシングの方法を学び、

フロスやインターデンタルブラシを使うなど、自分でできる限りの口腔ケアを心がけましょう。


6. まとめ

「歯のクリーニングの頻度はどれくらいが必要か」については、

個々の口腔状態やライフスタイルにより異なるため、一概に答えることは難しいです。

しかし、一般的には3ヶ月に1回の歯科クリーニングを推奨しています。

自分の口腔環境に合わせた適切なクリーニングの頻度を確認するためには、定期的な歯科受診が重要です。

当院では高い技術力のある歯科衛生士によるクリーニングを行っております。

是非当院で歯の汚れをなくし、日々ピカピカな歯で過ごして頂ければと思います。


今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Комментарии


Комментарии отключены.
bottom of page