top of page
  • いまはし歯科

歯のことで妊娠中に気をつけること

長久手市蟹原の歯医者、いまはし歯科クリニックの院長今橋健太郎です。

今回は、「歯のことで妊娠中に気をつけること」についてお話をしていきます。


【目次】


1.妊娠中の歯科治療について

2.妊娠中に起こりやすい歯科関連の問題

3.歯周病と妊娠の関係

4.妊娠中の歯科ケアのポイント

5.歯科医院でのサポート

6.妊娠中の歯科治療について

7.まとめ


【妊娠中の歯科治療について】

妊娠中はホルモンバランスの変化や免疫力の低下など、さまざまな理由で歯や口の中の環境が変わります。そのため、妊娠中は特別なケアが必要となります。治療については、基本的に妊娠中でも可能ですが、時期や状況によっては注意が必要です。特に妊娠初期(1~3ヶ月)と妊娠後期(7~9ヶ月)はリスクが高まるため、必要以上の治療は避けることが推奨されます。

以下に、妊娠中の歯科治療に関するポイントを挙げます。


・妊娠初期(1~3ヶ月)と妊娠後期(7~9ヶ月)は注意が必要

妊娠初期は胎児の臓器が形成される重要な時期であり、妊娠後期は出産に向けた準備が始まる時期です。このため、これらの時期に無理な治療を行うと、母体や胎児にリスクが生じる可能性があります。


・緊急性のある治療は妊娠中でも行う

痛みが強いむし歯や歯周病、歯の抜歯など、緊急性のある治療は妊娠中でも行われます。ただし、治療の方法や麻酔薬の選択には十分な配慮がされます。


・妊娠中期(4~6ヶ月)が最適な治療時期

妊娠中期は、胎児の成長が安定し、母体も比較的安定している時期です。そのため、妊娠中に治療が必要な場合は、この時期に行うことが望ましいとされています。


・X線撮影に関して

妊娠中のX線撮影は、可能な限り避けることが推奨されます。しかし、緊急を要する治療の際には、必要最小限のX線撮影が行われることがあります。この場合、適切な鉛エプロンを使用して、胎児への影響を最小限に抑えます。


妊娠中の歯科治療については、歯科医師とよく相談し、適切な判断を行ってください。

妊娠中の口腔ケアを継続することで、治療が必要となるリスクを減らすことができます。


【妊娠中に起こりやすい歯科関連の問題】

妊娠中には次のような歯科関連の問題が起こりやすくなります。

・むし歯:妊娠中は口の中が酸性に傾きやすく、むし歯が進行しやすくなります。

・歯周病:ホルモンバランスの変化により、歯周病が進行しやすくなることがあります。

・口内炎:免疫力の低下やホルモンバランスの変化が原因で、口内炎ができやすくなります。

・妊娠性歯肉炎:歯肉が腫れやすくなる症状で、歯磨き時の出血が目立ちます。


【歯周病と妊娠の関係】

歯周病は妊娠中に注意すべき問題の一つです。歯周病が進行すると、細菌が血流に入り、全身に影響を与えることがあります。妊娠中の歯周病は、早産や低体重児出産のリスクが高まるとされています。また、重度の歯周病は妊娠糖尿病の発症リスクも高める可能性があります。これらのリスクを避けるためにも、妊娠中の歯周病の予防とケアが重要です。


【妊娠中の歯科ケアのポイント】

妊娠中の歯科ケアには以下のポイントがあります。


・毎日の歯磨き:歯磨きは1日2回、食後すぐと就寝前に行いましょう。歯磨き粉はフッ素入りを選び、歯ブラシは柔らかめのものを使用しましょう。

・フロスや歯間ブラシの利用:歯と歯の間や歯と歯肉の間には、ブラシでは届かない汚れがたまります。フロスや歯間ブラシを使用して、これらの部分の汚れもしっかり落としましょう。

・舌のお手入れ:舌にも細菌が付着するため、舌ブラシや舌スクレーパーで舌のお手入れを行いましょう。

・うがい:食後や歯磨き後には、うがいで口の中をすすぎましょう。口の中の細菌を減らすことができます。


・定期的な歯科受診:妊娠中も定期的に歯科受診を行い、歯科医師のアドバイスを受けましょう。


【歯科医院でのサポート】

妊娠中の方が歯科医院を受診する際は、まず妊娠の状況をお伝えください。妊娠中に適切なケアや治療が受けられるように、歯科医師や歯科衛生士がサポートします。また、妊娠中の口腔ケアに関する疑問や不安があれば、遠慮なく相談してください。




【まとめ】

妊娠中は歯科関連の問題が起こりやすく、特別なケアが必要です。妊娠前から口腔ケアに気を付けることが望ましいですが、妊娠中にも適切なケアを行い、歯科医院で定期的な受診をすることが大切です。歯周病の予防やむし歯の進行を防ぐことは、妊娠中の母体の健康だけでなく、赤ちゃんの健康にも繋がります。


妊娠中の歯科ケアは、毎日の歯磨きやフロスの使用、舌のお手入れ、うがいを行うことで予防が可能です。また、歯科医院でのサポートを受けることで、適切なケアや治療が受けられます。


妊娠は、母体だけでなく赤ちゃんにも大きな影響を与える重要な時期です。歯科関連の問題が妊娠や出産に悪影響を及ぼさないよう、適切な口腔ケアを心がけ、安心して過ごせる妊娠期を過ごしましょう。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page