top of page
  • いまはし歯科

歯ぎしりによる歯の損傷の修復は可能ですか?

愛知県長久手市杁ヶ池公園前の歯医者、いまはし歯科クリニックの院長、今橋健太郎です。今回は、「歯ぎしりによる歯の損傷の修復は可能ですか?」というご質問についてお答えしたいと思います。



〔目次〕

1.歯ぎしりによる一般的な損傷の種類

2.歯ぎしりによる歯の損傷の詳細な修復方法


1.歯ぎしりによる一般的な損傷の種類

  1. 歯の表面の摩耗(歯の磨り減り):歯ぎしりによって、上下の歯が強くこすり合わせられることで、歯の表面に摩耗が生じます。長期間にわたる歯ぎしりによって、歯のエナメル質(硬い表面層)が削られ、歯が平坦になることがあります。特に、歯ぎしりが顕著な夜間には摩耗が進みやすいとされています。

  2. 歯のひび割れや割れ:歯ぎしりによって、歯に強い圧力がかかり、歯にひび割れや割れが生じることがあります。特に歯の奥歯は、歯ぎしりによる損傷のリスクが高い部位です。

  3. 歯の根や根本の損傷:歯ぎしりが強い場合、歯の根にもダメージが及ぶことがあります。歯の根はエナメル質よりも軟らかいセメント質で覆われているため、歯ぎしりによって根の割れたり、歯と歯ぐきの境目が欠けて知覚過敏などの問題が発生することがあります。

  4. 被せや詰め物の破損:既に被せ物や詰め物がある場合、歯ぎしりによってこれらの修復物が破損することがあります。銀歯やセラミックは通常丈夫ですが、長期間にわたる歯ぎしりによっては耐久性に限界があることがあります。

  5. 筋肉や関節の症状:歯ぎしりによる歯の損傷だけでなく、顎の筋肉や顎関節にも影響を与えることがあります。これにより、顎関節症状や顎の痛み、頭痛が引き起こされることがあります。

2.歯ぎしりによる歯の損傷の詳細な修復方法

  1. 詰め物:歯の表面に薄いレジン(プラスチックのような材料)を塗布して、欠けやひび割れを修復する方法です。歯科医師がレジンを適切に形成し、硬化させることで、歯の自然な形状と色に近い修復物を得ることができます。詰め物は比較的簡単な手順で、損傷が軽度な場合に有効です。

  2. 被せ物:歯が重度に損傷している場合、被せ物を使用して修復することがあります。被せ物は、歯全体を覆うように作られたカバーで、機能的にも優れた修復方法です。歯科医師は損傷した歯を削り、全体的な被せ物のための歯型を取得し、それを歯科技工士が作製します。被せ物は通常耐久性があり、長期間にわたって歯を保護します。

  3. インレーまたはオンレー:歯の一部が欠けてしまった場合、その部分を補強するために部分的な詰め物や被せ物を修復物を使用することがあります。これらは通常金属やセラミックスで作られ、歯科技工士や機械で作成します。歯科医師は歯に適合するように修復物を設置し、接着剤で固定します。インレーは歯の内部に取り付けられるもので、オンレーは歯を部分的に覆うものです。

  4. 根管治療:歯ぎしりが原因で歯の根に損傷が及んだ場合、歯科医は根管治療を検討するかもしれません。この治療は、歯の神経を取り除き、感染を清掃し、根の空間を封鎖する治療法です。これにより、歯の感染を防ぎ、悪化を阻止します。治療後は、歯に被せ物を被せることが一般的です。

  5. 入れ歯やブリッジ、インプラント:歯の根が折れてしまった場合は、歯を抜かなければならないことが多いです。抜いたあとは、取外しの入れ歯、両横の歯を被せ物でつなぐブリッジ、もしくは人工的な歯の根であるインプラントを行います。


歯ぎしりによる歯の損傷の程度は個人によって異なるため、治療方法は個々の状況に合わせて決定します。歯科医院で詳細な検査を行い、適切な治療プランを受けることが重要です。また、治療後は定期的な歯科検診を受けて、修復物の状態を確認し、口腔の健康を維持することが大切です。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page