top of page
  • いまはし歯科

定期検診て必要?

愛知県長久手市の歯医者、いまはし歯科クリニックの院長 今橋健太郎です。今回は、「定期検診て必要?」についてお話をしていきます。

【目次】

1.定期検診の意義とは

2.定期検診が重要な理由

3.定期検診の頻度と最適なタイミング

4.定期検診で得られるメリット

5.定期検診の対象者

6.まとめ


1. 定期検診の意義とは

定期検診とは、その名の通り一定期間ごとに受ける健康診断のことです。

歯科の場合、主に虫歯や歯周病、そして口腔内の異常を早期に発見するために行います。


2. 定期検診が重要な理由

歯科の定期検診が重要な理由は大きく二つあります。

一つ目は、虫歯や歯周病の早期発見・早期治療です。虫歯や歯周病は、初期のうちであれば痛みを感じることなく進行してしまいます。だからこそ、自覚症状がない段階でこれらを見つけることが、予防と早期治療に繋がるのです。

二つ目は、口腔がんなどの重篤な疾患のスクリーニングです。口腔がんは早期に発見すれば治癒率が高くなります。

定期検診を利用して、早期発見・早期治療を目指すことが可能になりますので、定期検診は必要であると言うことができます。


3. 定期検診の頻度と最適なタイミング

定期検診の頻度は、個々の口腔内の状況やライフスタイルによるため一概には言えませんが、一般的には半年に一度が推奨されています。

特に、虫歯や歯周病になりやすい人、口腔内で何らかのトラブルを経験したことがある人は、3ヶ月から4ヶ月ごとに検診を受けることをおすすめしております。


4. 定期検診で得られるメリット

定期検診を受けることで得られるメリットはたくさんあります。

まず一つ目は、歯の健康状態を常にチェックできることです。

自宅でのブラッシングだけでは見逃すことが多い歯間や歯肉の奥までしっかりと診察します。

二つ目は、悪化前に治療できる可能性があることです。

歯科疾患は症状が出てから治療を始めると、場合によっては大掛かりな治療が必要になることもあります。しかし定期的に検診を受けていれば、早期に治療を開始することができ、大きな痛みを避けることができます。

三つ目は、口臭などのケアも行えることです。

口臭は日常生活に大きな影響を及ぼしますが、定期検診で口腔内をクリーニングすることで、口臭の予防と改善に繋がります。


5. 定期検診の対象者

定期検診はどの年代でも受けることができ、特に歯周病は成人の8割以上が経験すると言われていますので、定期的にチェックすることが大切です。

また、子供にとっても、乳歯から永久歯への移行期に定期検診を受けることは、歯の健康維持にとって重要です。


6. まとめ

「定期検診て必要?」という疑問に対する答えは、「はい、必要です」です。虫歯や歯周病の早期発見、口腔がんのスクリーニング、口臭ケアなど、様々なメリットがあります。

定期的に歯科検診を受けることで、口腔内の健康を維持し、より良い生活の質を享受することが可能となります。

それぞれの生活習慣や口腔内の状況によりますが、一般的には半年に一度の定期検診を推奨しています。

特に当院では予防歯科に力を入れており、皆さまの口腔生活を日々サポートしております。

具体的にはカウンセリングなどを通して、皆様一人一人の口腔内状況に合わせた個別の治療プランをご提案しています。

何か気になること、疑問点がありましたら、いつでもお気軽に当院までご相談ください。

お口の健康は全身の健康に直結しています。

皆様の健康を、私たちと一緒に守っていきましょう。


以上、「定期検診て必要?」についてのお話は以上となります。

今回も最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page