top of page
  • いまはし歯科

妊娠中や授乳中の歯科治療での注意点はありますか?

こんにちは、長久手市杁ヶ池公園前、いまはし歯科クリニック院長の今橋です。今回は、妊娠中や授乳中の歯科治療での注意点はありますか?」と言うことについてお話させて頂きたいと思います。



【目次】

1.歯医者に妊娠中・授乳中であることを話すこと

2. 妊娠中の注意点

3. 授乳中の注意点

4. 歯の健康維持が重要

5. 妊娠中のむし歯リスク

1.歯医者に妊娠中・授乳中であることを話すこと まず最初に、妊娠中や授乳中に歯科治療を受ける場合、必ず歯医者にその状況を伝えましょう。これは非常に重要です。なぜなら、妊娠や授乳中は体が特別な状態にあるため、歯科医がそれを考慮して治療計画を立てる必要があるからです。 2. 妊娠中の注意点 妊娠中は特に注意が必要です。特に最初の3ヶ月(妊娠初期)は胎児の発育が始まる時期で、X線のような放射線検査は避けるべきです。また、必要のない場合の歯の抜歯も控えるべきです。7カ月目以降も胎児が大きくなり姿勢などに気を付ける必要があります。また特に9カ月目以降も急な出産も予想されるため注意が必要です。しかし、歯の痛みや問題がある場合、歯科医に相談しましょう。歯の健康は妊娠にも影響を与えることがあるため、無視しないでください。 3. 授乳中の注意点 授乳中でも歯科治療は受けられますが、薬物や麻酔が母乳に影響を与える可能性もわずかにあるため、歯科医と十分に話し合いましょう。安全な選択を見つけるために、医師の助言を受けることが大切です。歯科治療を受ける前に授乳を計画して、母乳の供給を最小限に減らすこともできます。 4. 歯の健康維持が重要 妊娠中や授乳中でも、歯の健康をしっかり維持することが大切です。歯を磨くことやフロスを使って歯の間をきれいにすることは、どんな時でも重要です。また、定期的に歯医者に通い、専門家に歯の状態をチェックしてもらいましょう。歯科検診は歯の問題を早期に発見し、治療をスムーズに進めるのに役立ちます。 5. 妊娠中のむし歯リスク 妊娠中は、つわりや吐き気のために口の中のケアが難しくなることがあります。しかし、口の中をきれいに保つことは非常に重要です。なぜなら、つわりのせいで食事のパターンが変わり、甘いものを摂ることが増える可能性があるからです。これはむし歯のリスクを高めることがあります。したがって、歯を磨くことや、甘い飲み物やおやつを控えることが大切です。

まとめると、妊娠中や授乳中に歯科治療を受けることはできますが、注意が必要です。歯医者と協力して、安全な選択をすることが大切です。そして、歯の健康を維持するために、日常的な歯磨きや歯科検診を怠らないようにしましょう。妊娠や授乳期間中でも、美しい笑顔と健康な歯を保つことは可能です。本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。


Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page