top of page
  • いまはし歯科

デンタルインプラントってなに?

愛知県長久手市杁ヶ池公園前、いまはし歯科クリニックの院長、今橋健太郎です。さて、今回は、「デンタルインプラント」について、お話させて頂きたいと思います。



〔目次〕

1.デンタルインプラントとは

2.デンタルインプラントの利点

3.デンタルインプラントの欠点


1.デンタルインプラントとは

歯が失われた場合に、その歯の根の代わりとして顎の骨に埋め込まれます。手術的なプロセスを経て、顎の骨とインプラントが結合することで、安定した基盤を作り出します。チタンなどの生体適合性の高い材料で作られており、人体との親和性があります。


2.デンタルインプラントの利点

  1. 自然な外観と機能: デンタルインプラントは、自然な外観と機能を持つ人工的な歯根です。失われた歯を置き換えるため、周囲の歯と調和して見えるため、美しく自然な笑顔を取り戻すことができます。また、インプラントは咀嚼や食事をする際に安定性があり、本物の歯に近い咀嚼力を提供します。

  2. 骨の保護: デンタルインプラントは、顎の骨と結合するため、顎の骨を刺激し維持することができます。これは、歯が失われることによって引き起こされる顎の骨の吸収を防止し、骨の保護につながります。これにより、顎の形状やフェイスラインの変化を最小限に抑えることができます。

  3. 近隣歯への影響が少ない: 伝統的なブリッジ治療では、失われた歯を置き換えるために隣接する健康な歯を削る必要がありますが、デンタルインプラントは隣接する歯にほとんど影響を及ぼしません。周囲の健康な歯を削ることなく、独立して失われた歯を補うことができます。

  4. 耐久性と長寿命: 適切なケアと定期的なメンテナンスが行われれば、デンタルインプラントは長期的に機能することが期待されます。他の一時的な歯の補綴物よりも耐久性が高く、長寿命です。


3.デンタルインプラントの欠点


  1. 高コスト: デンタルインプラント治療は、他の歯の補綴治療と比べて一般的に高価です。手術、インプラントの材料、被せ物などの補綴物の費用が含まれます。ただし、長期的な耐久性を考慮すると、長期的なコストパフォーマンスは高いと言える場合もあります。

  2. 手術と回復期間: デンタルインプラントの手術は局所麻酔の下で行われますが、それでも手術的なプロセスであるため、一時的な腫れや痛みなどの回復期間が必要です。また、インプラントと顎の骨が結合するために数ヶ月の時間がかかる場合があります。

  3. インプラントの失敗: 人体の個人差や健康状態により、デンタルインプラントが十分な結合を形成せずに失敗する可能性があります。喫煙や糖尿病など、特定の健康状態がインプラントの成功率に影響を及ぼす場合があります。

  4. 手術の制約: 一部の個人は、顎の骨が十分に厚くない、または他の口腔健康上の問題があるため、デンタルインプラントが適していない場合があります。治療の適格性は、歯科医師による詳細な口腔検査と評価によって判断されます。

  5. ケアが出来なくなった時:お元気でしっかりとした手入れが出来れば用意ですが、そうでなくなった場合、通常の歯と同じように腫れたり問題を起こします。このような場合、通常の歯であれば抜歯をすることもありますが、そのようなことを起こす場合高齢などで身体への負荷が大きくインプラントを撤去することが難しく、苦労する場合があります。

以上、本日はデンタルインプラントについてお話させて頂きました。最後までお読みいただき、ありがとうございます!

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page