top of page
  • いまはし歯科

どうして歯磨きするの?

愛知県長久手市の歯医者、いまはし歯科クリニックの院長 今橋健太郎です。

今回は、「どうして歯磨きするの?」についてお話をしていきます。


【目次】

1.歯磨きが大切な理由

2.歯ブラシ選びと効果的なブラッシング法

3.歯磨き粉とフロッシング

4.歯周病と虫歯の予防

5.まとめ



1. 歯磨きが大切な理由

歯磨きは口腔衛生を保つために重要ですが、その理由は具体的に何でしょうか?

歯を磨く主な目的は、プラークと呼ばれる細菌の膜を除去することです。

このプラークが歯周病や虫歯の主要な原因となるため、定期的に除去することが必要です。また、プラーク除去は口臭予防にも役立ちます。

さらに、健康な口腔は全身の健康にもつながります。口の中の細菌が血流に入り、心臓病や糖尿病などのリスクを高めることが研究で示されています。

これらの理由から、日々の歯磨きは全身の健康維持にも寄与する為、歯磨きをした方がいいと言えます。




2. 歯ブラシ選びと効果的なブラッシング法

歯ブラシの選び方も重要です。

毛の硬さは個々の歯や口腔の状態に合わせて選ぶと良いでしょう。

柔らかめのブラシはデリケートな歯茎に優しく、硬めのブラシはしっかりとプラークを除去します。

そして、ただ歯磨きをするだけではなく、効果的なブラッシング法を身につけることも大切です。



45度の角度を保ちながら、歯と歯茎の境目を中心に短い動きでブラッシングすることが推奨されます。

これにより、歯茎を傷つけずにプラークを効果的に除去することができます。


3. 歯磨き粉とフロッシング

歯磨き粉も選ぶ際には、フッ素含有のものを選ぶことを推奨しております。

フッ素はエナメル質を強化し、虫歯予防に役立ちます。ただし、フッ素の過剰摂取は健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、子供が使う場合は成分や量に注意しましょう。

フロッシングも日常のケアにおいて重要です。



フロスはブラシが届かない細い隙間や歯と歯茎の間に詰まった食べ物やプラークを取り除くのに役立ちます。

毎日のフロッシングは、歯周病のリスクを大幅に減らすことができますので、是非皆さんも毎日歯磨きだけでなく、フロスを活用してのフロッシングを行っていきましょう。


4. 歯周病と虫歯の予防

歯周病と虫歯は、不適切な口腔衛生習慣から引き起こされることが多いです。

これらの病気は初期の段階では自覚症状が少ないため、定期的なデンタルチェックと適切なブラッシング、フロッシングが予防に重要です。

虫歯や歯周病が進行すると、口腔内だけでなく全身の健康に影響を及ぼす可能性があります。痛みや不快感、噛む機能の低下はもちろん、心疾患や糖尿病などのリスクも高まります。



ですので、三ヶ月に一度など定期的に歯医者に通い、口腔内のクリーニングや定期検診を受けることは、歯だけではなく貴方の身体の為にも良いとされています。

是非歯医者に定期的に通うことを習慣づけましょう。


5. まとめ

歯磨きはただ口臭を防ぐだけでなく、歯周病や虫歯の予防、全身の健康維持にも大いに寄与します。

適切なブラシと歯磨き粉の選択、効果的なブラッシング法とフロッシング、そして定期的なデンタルチェックが口腔衛生を保つためには必要です。



また、歯磨きが健康維持に重要な役割を果たすことを理解し、毎日のケアに取り組むことをお勧めします。

口腔衛生は全身の健康へと繋がる重要な一部分であると言えます。ですので、日々歯磨きを行って頂き、その上で三ヶ月に一度は是非最寄りの歯医者さんにて定期検診たクリーニングを受けるようにしてください。

当院では予防歯科に力を入れておりますので、定期検診についても力を入れて取り組んでおります。






以上、「どうして歯磨きするの?」について説明しました。

健康な歯と口を保つために、これからも適切な口腔ケアを心掛けましょう。

最後までご覧頂き、誠にありがとうございました。


Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page