top of page
  • いまはし歯科

お子様の歯医者デビューの時期は?

長久手市蟹原の歯医者、いまはし歯科クリニックの院長 今橋健太郎です。

今回は、「お子様の歯医者デビューの時期について」お話させて頂きます。

【目次】

1.なぜ早めの歯医者デビューが必要なのか



2.最適な歯医者デビューの時期

3.初めての歯医者来院での心構え

4.子供が歯医者を恐れないための工夫

5.まとめ


1.なぜ早めの歯医者デビューが必要なのか

子供の口腔健康は、成長とともに大きく変わっていきます。

また成長と共に様々なトラブルが起こり得ます。

その為、乳歯が生え始める時期から歯医者さんとの接触を持つことで、それらの問題を未然に防ぐことが可能となります。



早めのケアが、子供の歯の健康を長期的に保つ秘訣なのです。

是非お子様には早めの歯医者デビューをさせてあげるようにしてあげてください。


2.最適な歯医者デビューの時期

お子様の歯医者デビューは、最初の乳歯が生えてきたら始めることをお勧めすます。これは、一般的には約6ヶ月~1歳頃の頃となります。

この時期から歯医者さんに慣れ、定期的なケアを受けることが、将来の口腔内の健康に繋がります。


3.初めての歯医者来院での心構え

初めての歯医者来院は、子供にとっても親にとっても大事な一歩です。



事前に歯医者さんのこと、診察がどのように進むのかをお子様に話しておくと、安心感が生まれます。

また、歯医者さんは子供の味方ですよ、と伝えることも非常に重要です。

お子様に良い印象を持って歯医者に通ってもらえるよう、最初の意味づけを是非より良くお伝え頂けますと幸いです。


4.子供が歯医者を恐れないための工夫

子供が歯医者を恐れないよう、訪問が楽しいものになるよう工夫することも大事となります。

例えば、診察が終わったら小さなご褒美をあげるなど、前向きな気持ちにさせる方法もあります。何か注意する際に、「悪いことするなら、歯医者に連れて行くよ!」など怖いイメージを持たないようにしてあげて


下さい。

また、親が先に診察を受ける姿を見せることも、子供の不安を和らげる手段となります。

当院ではお子様が楽しく通院してもらえるよう、キッズルームを用意しておりますし、ガチャガチャなどお子様が歯医者に楽しく通ってもらえるようなアイテムも揃えております。


5.まとめ

お子様の歯医者デビューは、口腔内の健康の為にもできるだけ早い時期から始めることがお勧めです。

歯医者さんとの良好な関係を築くことが、子供の口腔健康を保ち、将来の大人の歯を守る礎となります。

そして、歯医者さんが子供の味方であり、訪問が楽しい経験となるよう親御さん、また我々歯医者も努めていければと考えております。

いまはし歯科クリニックでは小児歯科に力を入れております。

是非お子様のお口のことでお悩みがありましたら、お気軽に当院までご相談くださいませ。

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page